要点

変位 抵抗        ストレインゲージ
             ポテンションメータ
   相互インダクタンス 差動トランス 
   容量        可動極板型コンデンサ
力  起電力       電圧素子
   抵抗        ストレインゲージ
   電流        感圧ダイオード
光  抵抗        CdS, CdSe(光電素子)
   起電力       光電池、フォトダイオード
   電流        フォトトランジスタ、光電子増倍管
温度 抵抗        サーミスタ、白金低抗体
   起電力       熱電対
磁場 起電力       ホール素子
   電流(リング電流) SQUID磁束計、コイル
放射線量 電流      ガイガー計数管
             半導体放射線検出素子

 

問題


ストレインゲージを用いた血圧トランスデューサについて誤っているのはどれか。
1 半導体ストレインゲージには温度補償回路が用いられる。
2 ダンパを用いて波形の振動を抑制することができる。
3 ストレインゲージの抵抗変化はひずみに反比例する。
4 受圧膜によって圧力が変位に変換される。
5 ストレインゲージの微小抵抗変化はブリッジ回路で検出される。






1 正しい。現在主に用いられているディズポーザブル血圧トランスデューサでは半導体ストレインゲージが用いられている。半導体は温度による抵抗変化が大きいためトランスデューサ内に温度補償回路が内蔵されている。
2 正しい。共振を抑えるためダンパを用いることがある。 
3 誤り。ひずみに比例する。
4 正しい。
5 正しい。血圧による抵抗変化が微小であるためブリッジ回路で検出される。またブリッジ回路には温度変化を打ち消す効果がある。
正解3






生体計測に利用されるトランスデューサで、物理量で起電力に変換されるのはどれか。
a ストレインゲージ
b CdS
c 太陽電池
d 熱電対
e ホール素子
1.abc 2.abe 3.ade 4bcd 5.cde






a 誤り。変位を抵抗に変換させる。
b 誤り。光を抵抗に変換させる。
c 正しい。光照射により起電力を発生させる。
d 正しい。温度を起電力に変化させる。
e 正しい。磁場を起電力に変化させる。
正解5






光起電力効果を用いて測定するトランスデューサはどれか。
a 光電池
b ホトダイオード
c CdSセル
d HgCdTe
e サーモポイル
1.ab 2.ae 3.bc 4cd 5.de







a 正しい。光電池とは半導体と金属とを接触させ、接触面に光を当てた時起電力が生じるものいう。
b 正しい。光を電流に変換する光センサで、入射光に対する直線性に優れている、感度波長範囲が広い、小型・軽量・長寿命であるなどの特長を備えており、光の有無の検出、光の強弱の測定、位置検知などに使用される。
c 誤り。CdSセルとは硫化カドミュウムを主成分とする光伝導素子の一種で、光量により抵抗値が変化する可変抵抗器。
d 誤り。HgCdTeとは赤外線入射によって抵抗値が減少する光伝導素子。
e 誤り。サーモポイルとは非接触で個々の物体から放射される赤外線を受けると、そのエネルギー量に応じた熱起電力を発生する赤外線センサ。
正解1